老眼を治す方法

老眼鏡をかけずに、老眼を治す(改善する)2つの方法

老眼を治す方法

 

「40歳前後」の人で、細かい文字が見づらかったり、新聞や本を読むとき、無意識に少し離してしまったりするようなことはありませんか?
これらは、老眼の代表的な症状です。

 

人がものをを見るときには、光(景色)を角膜でとらえ屈折し、水晶体で微調整を行い網膜にピントを合わせ視ていきます。 その水晶体が、老化により硬くなり、柔軟性がなくなってしまうと、細かい文字が見づらくなったり、新聞や本を読むとき離さないとさ見えなくなってしまうというような、老眼特有の症状を起こすのです。

 

20歳のときに、約10センチ手前のもが見えたのに、40歳で約20センチ、そして50歳では、30センチ以上離さないと見えなくなります。
老眼は、一般的に40歳前後から症状を自覚し、60歳頃まで進行が続くとされています。

【スポンサーリンク】

 

老眼は老化現象の一つでもあるので、完治は難しいとされ、老眼鏡をかけて矯正することが、一般的な老眼を治す方法です。
しかし、老眼鏡をかけることに抵抗を感じる人は多いものです。
そこで、老眼鏡をかけずに、老眼を治す(改善)方法を2つ、ご紹介しましょう。

 

@眼科での治療による方法。

 

2004年から日本でも「老眼治療」を眼科が行うようになりました。

 

現在おもに行われている老眼治療は、「伝導性角膜形成術」と呼ばれるもので、

 

たった3分の日帰り治療で、老眼による手元の見づらさを改善します。

 

A眼の筋肉を鍛える方法。

 

近いものと遠いものを交互に見るようにしましょう。

 

これによって目の焦点が近いものから遠いものへ、遠いものから近いものへ

 

頻繁に変化するようになり、眼の筋肉が鍛えられます。

 

このトレーニングを毎日少しずつ行うことで、老眼の症状が改善します。

【スポンサーリンク】