リーディンググラス マグネット

クリックリーダーのリーディンググラスについて

個人差はありますが、一般的に40歳を過ぎたころから、老眼の症状があらわれやすくなるとされています老眼が進行すると、老眼鏡を作らなくてはなりません。老眼鏡というと、「老い」の代名詞のようなイメージが強く、躊躇ってしまいますよね。しかし近年では、老眼鏡とは言わず、「リーディンググラス」という名称で呼ばれるようになり、リーディンググラスにも、様々なデザインや種類のものがあり、一昔前の老眼鏡にはなかったオシャレで素敵なものがたくさんあります。

 

今回は、世界中のセレブにも愛用者の多い「クリックリーダー」のリーディンググラスについてまとめてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

クリックリーダーのリーディンググラスとは?

おしゃれで機能的なリーディンググラス(老眼鏡)を販売する、メガネ専門のショップです。斬新なデザインはマイナスイメージの強いこれまでのリーディンググラスを一新させてくれました。

クリックリーダーのリーディンググラスの特徴とは?

 

フロント・マグネットでかけ外し簡単。

リーディンググラスのフロントを強力マグネットで接続しているので、カチっと簡単にかけ外しできます。リーディンググラスのかけ外しが頻繁な方に、フロント・マグネットはうれしい機能ですよね。

 

ネックホルダーの首掛けスタイル。

ツルが後ろでつながっているため、フロント・マグネットを外したときなどもそのままオシャレに首から掛けられます。これならリーディンググラスを置き忘れて、慌てて探す、なんてことも防げて安心ですね。私は(まだ)老眼ではありませんが、老眼鏡が必要になったら、クリックリーダーのリーディンググラスが欲しいと思いました。フロント・マグネットでかけ外しができ、首からオシャレに掛けられるのが気に入りました!

【スポンサーリンク】