リーディンググラス 度数 選び方

老眼は、眼の老化現象ともいわれており、誰もが避けてはとおれません。新聞や本を読む時に、少し離さないと見にくい、暗いところや夜になると見にくくなる、眼が疲れやすくなった、などの症状があらわれたら、早めに眼科で検査を受けましょう。
見にくい状態をそのままにしてしまうと、頭痛や肩こり、胃腸障害などもの症状もでる場合があり、老眼も進行してしまいます。
老眼の症状があらわれたら、我慢しないで、リーディンググラス(老眼鏡)を使用するようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

今回は、リーディンググラス(老眼鏡)の選び方についてまとめてみました。

度数の選び方

 

リーディンググラス(老眼鏡)の度数は老眼の初期で+1.00程度です。進行しても+4.00程度で止まるのが一般的です。
年齢で度数を区別すると、40歳から45歳までが+1.00 〜 +1.50、
50歳〜55歳までが+2.00 〜 +2.50、そして60歳を超えると+3.00 〜 +4.00になるとされています。

 

最近は、インターネットなどの簡易検査で自分の度数が分かりますが、はじめてリーディンググラス(老眼鏡)を作るときには、眼科で検査をしてもらってからメガネ屋さんでリーディンググラス(老眼鏡)を作成する方が安心ですね。自分の度数を正しく把握した上で、自分の老眼の度合いに合った度数のリーディンググラス(老眼鏡)を選ぶようにしましょう。

 

フレームの選び方

 

最近のリーディンググラス(老眼鏡)のフレームは、デザインも様々でカラーバリエーションも豊富です。リーディンググラス(老眼鏡)を使用する頻度が高い方は、少し価格が高くなっても、こだわりのある素敵なリーディンググラス(老眼鏡)を選ぶといいでしょう。

 

かけ心地の選び方

 

リーディンググラス(老眼鏡)のかけ心地も選ぶ際の重要なポイントですね。重みがあるものや軽めのものがありますが、長い時間使用する方には軽めがおすすめです。また、実際にかけてみてい違和感がなく、自分に合ったかけ心地のよいもの選ぶようにしましょう。

【スポンサーリンク】