リーディンググラス ブランド

おすすめのリーディンググラス(老眼鏡)のブランドをご紹介

最近のリーディンググラス(老眼鏡)は、オシャレで素敵なものがたくさんありますね。今回は、おすすめのリーディンググラス(老眼鏡)のブランドをご紹介しましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

JINS(ジンズ)

 

JINS(ジンズ)は株式会社JIN(ジェーアイエヌ)が運営するメガネチェーンで、国内に約160店舗を展開し、2010年には中国にも進出した急成長を続けるブランドです。安くて質がよく、デザイン性の高さに定評があるジンズのリーディンググラス(老眼鏡)は、大人気です。

 

なかでも、特に人気なのが「軽さ」、「掛け心地」、「安全性」、「デザイン」、「美しい発色」、これらすべてを兼ね備えたエアフレーム(Air frame)です。エアフレームはデビューから3年で累計400万本を販売した実績があります。ジンズは、リーディンググラス(老眼鏡)をおしゃれに楽しみたい方には、ぜひおすすめのブランドです。

 

クリックリーダー

 

世界中のセレブや芸能人にも愛用者が多いことで有名なクリックリーダー。クリックリーダーのリーディンググラス(老眼鏡)の特徴は、フロント・マグネットでかけ外し簡単なことです。リーディンググラス(老眼鏡)のフロント部分が強力マグネットで接続されているので、カチっと簡単にかけ外しができるのです。更に、ツルが後ろでつながっているため、フロント・マグネットを外したときなどもそのままオシャレに首から掛けられます。

 

首からメガネをさりげなく掛けられるスタイルはとてもおしゃれですね。クリックリーダーは、実用的で便利、尚且つ個性的なリーディンググラス(老眼鏡)を探している方におすすめのブランドです。

 

EYEMAGINE(アイマジン)

 

テレビ通販や大手百貨店でお馴染みのEYEMAGINE(アイマジン)は、検眼医であった米国のアイマジン社代表が作った目に優しいリーディンググラス(老眼鏡)が特徴です。形状記憶樹脂の素材を使用しており、使い込んでいるうちに起る型崩れを防止してくれ、また日本人の鼻に合わせて鼻当てが作られているのでフィット感は抜群です。

 

見た目に美しく、小型で携帯性にも優れているので、持ち歩くのにも大変便利。アイマジンは、外出先でもリーディンググラス(老眼鏡)を使用する方に、おすすめのブランドです。

【スポンサーリンク】