リーディンググラス pc ブルーライト

pc用メガネとリーディンググラス(老眼鏡)がひとつに

pc(パソコン)から発するブルーライトが目によくないという話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
pc(パソコン)などの液晶画面のバックライトに使われるLED(発光ダイオード)が発するブルーライトが、目の疲れなどの原因になっていると考えれられいます。pc(パソコン)を長時間使っていると、目がしょぼしょぼしたり、 見た物がぼやけたり、霞んだりする症状があらわれますが、これはブルーライトによるものなのですね。ブルーライトを長時間見続けると、目の疲れなどの症状の他にも、睡眠の質が低下したり、肩こりや頭痛などの症状を伴う場合もあるのです。

 

【スポンサーリンク】

 

ブルーライトから目を保護するために、最近は、pc用メガネとよばれるブルーライトをカットしてくれたり軽減してくれるメガネをかけてpc作業を行う方が増えています。pc用メガネは、ブルーライトをカットして、視界を「柔らかい」雰囲気にしてくれます。
目の疲れも軽減してくれるので、仕事の効率もあがりますね。

 

近年は、若い人に限らず年配の方もpcを長時間使う機会が増えました。年配の方には、「老眼」も多く、リーディンググラス(老眼鏡)を使用してる方も少なくありません。pcでの作業などの際、リーディンググラス(老眼鏡)を使っている場合はpc用メガネは使えないのでしょうか?心配は無用です。pc用メガネとリーディンググラス(老眼鏡)がひとつになったメガネがあるのです。
クリックリーダーやJINS(ジンズ)など、人気のリーディンググラス(老眼鏡)ブランドにも、pcメガネが一体になったタイプが揃っており、自分好みのデザインが選べるのも嬉しいですね。

 

老眼の方は、通常の方と比べるとpcなどの作業で目が疲れやすくなります。pcなどで作業をする際は目を労わるといった意味でも、老眼の方はpc用リーディンググラス(老眼鏡)を使うようにすべきでしょう。

【スポンサーリンク】