コンタクトレンズがあう人あわない人

角膜や結膜に疾患がある人は使用不可

 

おしゃれに神経をつかう女性やメガネが気に障ると言う人にはコンタクトレンズがお勧めです。

 

製品製造も発展し実用性に優れている商品が多くなってきました。
しかし、手軽に使えると言うイメージが強くなり、取り扱いがぞんざいになる傾向にもあるようです。

 

その名の通り角膜に接する医療器具ですから、気を付けて使って欲しいものです。
コンタクトレンズを検討してみるときは、自分自身が使用に向いているかどうかを考える必要があります。

 

コンタクトレンズがあっていないのは、角膜や結膜に疾患がある人、
パソコン作業など長時間にわたり目を使う人、レンズの手入れが嫌いな人などです。

 

また、コンタクトレンズは乾きやすいので、ドライアイになりやすい人も向いていません。
その反対に、強い近視の人左右の目に視力の差がある人、激しいスポーツをする人、
仕事の都合上、眼鏡がかけづらい人はコンタクトレンズが良いのはないでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

きちんとした検査を受けること

 

コンタクトレンズを作る場合は、眼科で精密な検査を受けることが大前提となります。

 

まず、前眼部検査を受けて、角膜や結膜に炎症がないかをチェックします。

 

それらの他にも、逆さまつげがないか、まばたきに異常がないか、涙の質や量に問題ないかをチェックします。

 

さらに、角膜の状態をチェックする眼底検査、目に合ったレンズを処方するための屈折検査が行われます。

 

このような検査をきちんと受けた後、角膜の大きさや形を測り、

 

レンズのサイズやカーブのコンディションを決めていくのです。

 

また、使い始めてからも、しばらくは定期的な検査を受けたである方が良いでしょう。

【スポンサーリンク】