老眼 何歳から

老眼は何歳から?老眼になる平均年齢は下がる傾向に

老眼とは、年齢と共に水晶体の弾力が衰え、水晶体の厚みを変えることが難しくなることで、一種の老化現象とされており、誰も避けては通れないものです。
老眼の症状は、本や新聞などを少し離してみるようになることからはじまります。
そして、症状が進行すると、焦点を合わせようとするため目に余計な負担がかかって、目の疲れやかすみ、涙が出る、頭痛がする、肩が凝るなど、いわゆる眼精疲労の症状もあらわれてきます。このような老眼の症状が出たら、早めに老眼鏡をかける必要があるでしょう。

 

それでは、老眼とは何歳からはじまるのでしょうか?

【スポンサーリンク】

 

老眼は、40歳を過ぎた頃に少しずつ症状があらわれ、50歳前後ではっきりと自覚できる症状になります。
老眼の症状の進行に個人差や波があるため、何歳から老眼と明確に区切る基準はありませんが、日本人が老眼になる平均年齢は42歳頃と言われています。このように、老眼は40歳を過ぎてからはじまるとされていますが、最近ではパソコンや携帯メールを使う人が急増し、30代でも老眼の症状が出る人が増えています。

 

目を酷使することが多い人は、40代になる前から老眼になってしまう可能性が高いのです。
10代や、20代の若者もテレビやゲームに長時間熱中し目を酷使する時間が増えています。日本人の老眼になる平均年齢は、今後ますます下がる可能性が高いですね。

 

老眼は、遠くのものと近くのものを交互に見るようにするトレーニング

 

(例えばキャッチボールやバドミントンなどが最適です。)で、老眼の進行を遅らせたり、症状が改善されるとされています。
パソコンや携帯メール、ゲームにばかり熱中しないで、たまには、外で思い切りキャッチボールをしたり、遠くのものを眺めてリフレッシュする時間も作りましょう!

【スポンサーリンク】