老眼 防止 体操

おススメの老眼防止体操

老眼とは、老化現象の代表とも言われており、誰もが避けては通れないものです。
老眼の症状は、近くのものが見えづらくなり、雑誌や新聞などを無意識に少し離して見るようになることからはじまるとされています。
老眼は個人差もありますが、早い人では30歳代で少しずつ症状があらわれ、50歳前後ではっきりと自覚できる症状になります。
老眼の症状が進行すると、目の疲れやかすみ、涙が出る、頭痛がする、肩が凝るなど、色々な症状もあらわれてきます。
このような老眼の症状が出たら、早めに老眼鏡をかける必要があるでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

しかし、老眼鏡には「老い」のイメージが強く、老眼鏡をかけることに抵抗を感じる人も少なくありません。
老眼鏡をかけたくないと言う人や老眼の進行を遅らせたいと思う人のために、おススメの「老眼防止体操」があります。
それがこれから紹介するギュッパッ体操です。

 

ギュッパ体操のやり方は

@一度、ぎゅっと目を閉じてから、一気にぱっと目を開けます。
Aそして、頭を動かさないように黒目を360度回します。
Bこれを1分から2分続けましょう。

 

これだけです。

 

この老眼防止の体操を毎日行うことで、毛様体筋(もうようたいきん=内眼筋に含まれる水晶体を調節してピントを合わせる筋肉です。)のコリがほぐされ、老眼の進行を遅らせることができます。

 

簡単なので、いつでもどこでも行えます。老眼防止体操は、毎日忘れずにコツコツ続けることが大切です。
また、老眼防止体操は、疲れ目にも効果があります。
長時間のパソコン作業で、目に疲れを感じたら、このギュッパ体操を試してみて下さい。

【スポンサーリンク】