老眼 テスト

今すぐできる簡単な老眼テスト

老眼は、代表的な老化現象と言われ、誰にでも訪れる生理現象です。
遠くのものはちゃんと見えるのに、近くのものが見づらくなった、新聞や雑誌などの細かい文字は目から離して見ないと読めない、こういった症状を自覚したら、それが老眼のはじまりなのです。

 

【スポンサーリンク】

 

老眼は、個人差もありますが一般的に40歳前後からはじまる人が多いとされ、45歳頃から老眼鏡が必要になります。

 

ところが、老眼鏡をかけることに抵抗を感じる人も多く、老眼の症状を自覚しても我慢して老眼鏡を使用しないままでいると、目が疲れるだけでなく、頭痛や肩こり、胃腸障害などに悩まされるようになってしまいます。
こういったことにならないためにも、老眼を早めに自覚し、自分に合った眼鏡をかける必要があるのです。
早めの老眼対策は、老眼を自覚することからはじまりますが、老眼を自覚する方法のひとつに「老眼テスト」があります。
老眼テストは、眼科や眼鏡専門店でもできますが、自分で簡単にできる方法をご紹介しましょう。

 

明るい場所で、ひとさし指を目の前に置き、手前から、どんどん遠ざけてみてください。ひとさし指の指紋が見える場所、そこがあなたの近点(目のピントが一番近くで合う場所)になります。この近点が、目から何センチ離れているかで、老眼かどうかが分かります。
ひとさし指と目の距離は、

10代で約10センチ。
30代で約15センチ。
40代で約20センチ。
45歳になると約40センチになります。
50歳では、約70センチです。

(数値はあくまで目安です。)

 

いかがでしたか?ひとさし指の指紋は、目から何センチの位置で見えましたか?
もし、30センチ以上目から離さないと、ひとさし指の指紋が見えないようであれば、それは老眼です。

【スポンサーリンク】