急激 老眼

急激な老眼には恐ろしい目の病気が隠れていることも

車を運転していて、いつもは見えた道路の標識が見づらくなったり、新聞や雑誌の小さな文字が読みにくくなったりしたことがきっかけで、老眼に気が付く人がいます。

 

老眼は、一種の老化現象であり、加齢とともに誰もが経験するものです。
老眼は、個人差がありますが40代から症状があらわれはじめて、その症状の進行は60歳代まで続くとされます。

 

【スポンサーリンク】

 

老眼の症状は

 

・細かい文字が読みにくい。
・目が疲れやすくなった。
・夕方になると目が霞む。
・細かい作業をしているとピントが合いづらくなってくる。
・薄暗い所でものが見えづらい。

 

と、様々ですが、肩こりや頭痛、吐き気など身体にも症状があらわれる場合もあるのです。比較的ゆるやかなペースで進む老眼の症状ですが、まれに急激すすむ老眼もあります。急激な老眼は、実は老眼ではなくて、恐ろしい目の病気が隠れてる場合もあるので、早めに眼科を受診しましょう。

 

急激な老眼から疑われる病気には、網膜静脈閉塞症があります。

 

網膜静脈閉塞症は、加齢により動脈硬化が進行し、硬くなった動脈で静脈が圧迫されて発症します。
網膜静脈の閉塞に伴い、その上流の静脈に強いうっ滞が生じて血管壁が破れ、静脈に沿って出血がみられます。
一般的には、急激な視力低下、霧視などで見つかります。
眼底検査により容易に診断でき、血液の循環していないところにレーザーを照射し、悪化を防ぎます。

 

また、40歳を過ぎたら老眼と併せて、目の病気の発症率が上昇すると言われています。
目の健康を維持するためにも、日頃から目を労わる生活を心がけるようにしたいですね。

【スポンサーリンク】