老眼鏡 度数 意味

老眼鏡と度数の意味について

早い人では、40歳前後からはじまるとされている老眼。老眼は、誰もが経験する老化現象です。
老眼は、遠くのものは見えるのに、近くのものが見づらくなった、という初期的な症状からはじまります。(例えば、本や新聞などをの細かい文字を読むとき、目から少し離して読むようになったりします。)

 

老眼を完治する方法はなく、老眼を改善するために老眼鏡をかけるようになるのが一般的です。

 

【スポンサーリンク】

 

市販されている老眼鏡には、+1.00や+2.25などの数字が表示されていますが、この数字は「度数」と言い、プラスの数字が大きくなるほど進行した老眼に対応することを意味しています。
老眼鏡と度数の意味について、もう少し詳しく説明しましょう。

 

明るい場所でひとさし指を目の前に持っていき、その指紋が一番近くでよく見える所を「近点」といいます。
この「近点」は、加齢とともに老眼が進行すると、どんどん離れていきます。(ひとさし指の指紋をよく見るために、指を目から離していくようになる、と説明すれば分かりやすいと思います。)
この、加齢と共に離れいく「近点」を近づけるための道具が老眼鏡なのです。

 

老眼が進行すると「近点」が遠くなりますが、老眼鏡により「近点」を近づければ、普通にものが見えるようになるわけです。「近点」を近づけるためには、老眼鏡の凸レンズの度を高くする必要があります。
つまり老眼鏡の度数は、凸レンズの度が高い程(「近点」を近づける必要性が高い程=老眼の進行が進んでる程)、大きくなるのです。店頭で販売されている老眼鏡の度数は、
+1.00から+4.00くらいまでで、度数は0.25刻みになっています。

 

老眼は40才を過ぎた頃からはじまり、60代頃まで進行が続くので、老眼鏡の度数は何度か変える必要があります。自分に合った度数の老眼鏡を作り、老眼の時期も快適に過ごしたいですよね。

【スポンサーリンク】